1. リレンザの効果と子供への投与について
  2. リレンザの使い方・吸入方法
  3. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
閉じる
  1. インフルエンザと市販の風邪薬や解熱剤
  2. 本当に危険なの?タミフルの副作用と処方
  3. リレンザの使い方・吸入方法
  4. インフルエンザの流行時期、春にも?
  5. リレンザの副作用と異常行動の可能性
  6. インフルエンザで会社や学校を休む時の注意
  7. クラリスをインフルエンザの時に処方される
  8. インフルエンザ脳症とは?どんな症状?
  9. リレンザ、イナビル、ラピアクタ等のインフルエンザ薬
  10. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
閉じる

アーカイブ:2017年 5月

ピックアップ記事

  1. クラリスはクラリスロマイシンというマクロライド系の抗生物質で、本来、細菌による感染症に対して用いられ…
  2. インフルエンザは、咳やくしゃみなどによって感染を広げる病気です。かかってしまうと、ウイルスが爆発…
  3. インフルエンザは誰もが感染するリスクを抱えている感染症のひとつです。世の中には様々な市販の風邪薬…
ページ上部へ戻る