1. リレンザの効果と子供への投与について
  2. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
  3. リレンザの使い方・吸入方法
閉じる
  1. 本当に危険なの?タミフルの副作用と処方
  2. リレンザ、イナビル、ラピアクタ等のインフルエンザ薬
  3. インフルエンザと市販の風邪薬や解熱剤
  4. インフルエンザで会社や学校を休む時の注意
  5. リレンザの使い方・吸入方法
  6. インフルエンザ脳症とは?どんな症状?
  7. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
  8. インフルエンザの流行時期、春にも?
  9. リレンザの効果と子供への投与について
  10. クラリスをインフルエンザの時に処方される
閉じる

本当に危険なの?タミフルの副作用と処方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザの治療薬としてよく使われるタミフルは、オセルタミビルという一般名のお薬です。
カプセルとドライシロップがあり、通常は1日2回、5日間服用することになっています。

以前、タミフルを服用した患者さんが突然高所から飛び降りようとした、突然走り出したなどの異常行動が見られることがニュースなどで報道されました。
そのため、タミフルは怖い薬だと思っている人も少なくないようです。

しかし、その後の研究や検討でも、タミフルと異常行動の因果関係は認められないという結論になっています。
タミフルを飲んだ時だけでなく、他の抗インフルエンザ薬を飲んだ時や、抗インフルエンザ薬を飲んでいない時でも異常行動が起こることが判っています。

そのため最近では、異常行動が起きるのは抗インフルエンザ薬の副作用ではない、と言う考えになっています。
異常行動イコールタミフルという訳ではありません。

インフルエンザによる高熱そのものでも、異常行動が起ります。
高熱を出すと、熱性せんもうと言って夢と現実の区別がつきにくくなることもあります。
それが急に走り出すなどの異常行動に繋がっているようです。
タミフルの副作用と言うよりは、熱性せんもうで異常行動を起こしたのではないか、という見解です。

そして、インフルエンザ脳炎やインフルエンザ脳症になっても異常行動が見られることもあるので、インフルエンザ脳炎やインフルエンザ脳症との区別も大切です。

この異常行動は10歳代の子どもに多いことが特徴の1つです。
10代の間は、まだ脳が発達中であることも、異常行動が起りやすいことと関係しているのでしょう。
タミフルを服用すると、発熱期間を1日減らす効果や、重症化することを防ぐ効果などが期待できますが、このような異常行動が起きるリスクもあるので、効果とデメリットを天秤にかけて処方して貰うかどうかを決めるのが賢明です。
たとえインフルエンザだと診断されても、食欲もそれほど低下することなく、熱があったとしても本人がそれほど辛くないようなら、抗インフルエンザ薬を飲まないで治すのも、一方法です。

逆に持病があって重症化を防ぎたい時は、リスクよりもメリットの方が大きいでしょう。
タミフルを飲んで少しでも苦痛を少なくする方が良いでしょう。

現在は、タミフル以外にも3種類の抗ウイルス薬があります。
これらの薬が登場したので、現在は10歳代にはタミフルは使用禁止となりました。

タミフルは10代への処方や使用は禁止された

現在タミフルは、10歳代の子どもには原則として使用禁止ことになっています。
異常行動を起こす患者さんは圧倒的に10代のお子さんが多いため、念の為に10代では使用禁止という対処法を取っています。

タミフル以外の2種類の抗インフルエンザ薬は吸入薬なので、小さなお子さんには使いにくいでしょう。
そこで10歳未満のお子さんにはタミフルのドライシロップが使われることが多いです。
10歳未満の子どもは、タミフルを使い、10歳代のお子さんにはタミフルは使用禁止で吸入薬の他の抗インフルエンザ薬を使います。
大人は3種類の内服薬から選ぶことができます。

そして、タミフルであれ他の抗インフルエンザ薬であれどの薬を使う場合でも、10代の子どもがインフルエンザにかかった場合は、発症から2日間くらいの熱が高い間は、注意深くおこさんの様子を見てください。
また、これらの抗インフルエンザ薬を使わない場合でも、インフルエンザにかかった場合は、インフルエンザ脳炎やインフルエンザ脳症、熱性けいれんを警戒する意味でも注意深くお子さんの様子を見るようにしましょう。
熱性けいれんや異常行動は、もしもなってしまった場合は、たとえ高校生でも一人では対処できないでしょう。

お母さんが働いている場合は、お休みを取るのも容易ではないかとは思いますが、決して一人で部屋に寝かせておくということはしないでください。
中学生や高校生であれば一人で一日中お留守番をすることも簡単なことでしょう。
しかし、インフルエンザにかかった時はいつもとは違う状況だと言うことを、肝に銘じてください。
インフルエンザと診断された場合は、どのような治療をしたかに関わらず、万が一の場合に備えて、10代の子どもさんを慎重に見守るようにと注意が促されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. リレンザの副作用と異常行動の可能性

  2. インフルエンザの流行時期、春にも?

  3. 子供

    リレンザの効果と子供への投与について

  4. インフルエンザウイルス

    治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量

  5. インフルエンザと市販の風邪薬や解熱剤

  6. 説明する女医

    リレンザの使い方・吸入方法

おすすめ記事

  1. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
  2. リレンザの効果と子供への投与について
  3. リレンザの使い方・吸入方法

ピックアップ記事

  1. クラリスはクラリスロマイシンというマクロライド系の抗生物質で、本来、細菌による感染症に対して用いられ…
  2. インフルエンザは、咳やくしゃみなどによって感染を広げる病気です。かかってしまうと、ウイルスが爆発…
  3. インフルエンザは誰もが感染するリスクを抱えている感染症のひとつです。世の中には様々な市販の風邪薬…
ページ上部へ戻る