1. リレンザの使い方・吸入方法
  2. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
  3. リレンザの効果と子供への投与について
閉じる
  1. リレンザの副作用と異常行動の可能性
  2. リレンザの効果と子供への投与について
  3. ビレンザ、オセフル等のジェネリック医薬品
  4. リレンザの使い方・吸入方法
  5. インフルエンザ感染中の食事と飲み物
  6. インフルエンザで会社や学校を休む時の注意
  7. インフルエンザと市販の風邪薬や解熱剤
  8. 本当に危険なの?タミフルの副作用と処方
  9. インフルエンザの検査方法とそのタイミング
  10. インフルエンザ感染中の耳の痛み、中耳炎?
閉じる

ビレンザ、オセフル等のジェネリック医薬品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗インフルエンザ薬で有名なのは、吸入薬のリレンザと経口薬のタミフルです。
病院に行けばこのどちらかを処方されることが多いですが、もっと安い薬を利用したいという方にはビレンザとオセフルがおすすめです。

A型またはB型インフルエンザウイルスの感染症の治療に用いられるビレンザは、リレンザのジェネリック医薬品です。
吸入具を使って服用する吸入剤で、有効成分ザナミビル水和物には、ウイルスの増殖を抑制する効果があります。
その性質から、ウィルスの増殖期に使用することが望ましく、48時間以内の投薬を開始しなければなりません。
それ以上経過すると、ウイルスが全身に蔓延しているので効果がなくなります。

オセフルも、A型またはB型インフルエンザウイルスの感染症の治療に用いられています。
タミフルのジェネリック医薬品で、有効成分オセルタミビルがウィルスの増殖を抑えられるので、発症後48時間以内に飲むことが大切です。
1回1錠を朝、晩などの2回に分けて服用すると良いですが、未成年者の場合は医師の指導が必要です。
予防に使用したいときは、1日1回、1週間ほど継続すれば、インフルエンザの予防に役立つといわれています。

ビレンザとオセフルはどちらも抗インフルエンザ薬として、世界各地で利用されている安全な薬ではありますが、国内のドラッグストアや薬局では購入することが出来ません。
インフルエンザに感染すると、学校や会社を休まなければならなくなるので、予防のために使用したいときは、ネット通販で購入するようにしてください。

ネット通販といっても、一般的な国内の通販サイトでは、ビレンザやオセフルは取り扱っていないので、欲しいときは個人輸入代行業者を利用するようにしてください。
信頼できるサイトを選べば、確実に本物の薬を送ってきてくれるので、安心して服用することが出来ます。
処方箋は必要ないですし、普通のネット通販と同じ感覚で注文できるので、安いところを選んで購入すると良いでしょう。

個人輸入代行で購入可能、予防用に

ビレンザやオセフルは海外医薬品なので、国内のドラッグストアや薬局などの店頭では入手することが出来ません。
しかし個人輸入代行業者を利用すれば購入可能なので、予防用に注文することをおすすめします。

海外医薬品は個人で輸入を行い、自分で使用する目的なら許可されていますが、英語などの外国語が苦手な場合は、スムーズに行うのは難しいでしょう。
個人輸入代行業者はそんな人たちの代わりに、難しい手続きを代行してくれるので、いざというときは頼りになります。

外国の商品を購入すると、きちんと届けられるのか、偽物ではない正規品が届くのかなど、不安でいっぱいになりますが、個人輸入代行業者を利用すればそんな心配はいらなくなります。
インターネットで注文すれば、すぐに手配を行い、正規品を届けてくれますし、アフターサービスも万全なので、安心して利用することが出来ます。

インフルエンザの予防用にビレンザやオセフルが欲しいときは、出来るだけ口コミの評判の良い、信頼できる業者を選ぶことが大切です。
購入した商品がわからないように梱包してくれたり、荷物追跡可能、正規品保証、電話サポートありなど、サービスが充実しているところを選べば、初めての方でも安心して注文することが出来ます。

個人輸入代行業者の中には、ポイントがたまったり、まとめ買いで割引になったり、激安キャンペーンを頻繁に行うところもあります。
医薬品を手に入れるときは少しでも安い方が良いので、通販を利用するときは、複数のサイトを比較してから、どこに注文するかを決めるようにしてください。
サイトによってはビレンザやオセフルのようなジェネリック医薬品はかなり安く買えるので、家族全員分のまとめ買いをしておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. インフルエンザと市販の風邪薬や解熱剤

  2. 子供

    リレンザの効果と子供への投与について

  3. インフルエンザ脳症とは?どんな症状?

  4. インフルエンザの流行時期、春にも?

  5. インフルエンザ感染中の耳の痛み、中耳炎?

  6. インフルエンザウイルス

    治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量

おすすめ記事

  1. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
  2. リレンザの効果と子供への投与について
  3. リレンザの使い方・吸入方法

ピックアップ記事

  1. 感染力の強いインフルエンザは、潜伏期間中でも周囲を感染させてしまうので、気付かないうちにウイルスをも…
  2. インフルエンザにかかった場合でも、病院にいかずに治すことができます。一般的にはインフルエンザにか…
  3. 抗インフルエンザ薬で有名なのは、吸入薬のリレンザと経口薬のタミフルです。病院に行けばこのどちらか…
ページ上部へ戻る