1. リレンザの効果と子供への投与について
  2. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
  3. リレンザの使い方・吸入方法
閉じる
  1. クラリスをインフルエンザの時に処方される
  2. リレンザの効果と子供への投与について
  3. リレンザの副作用と異常行動の可能性
  4. リレンザ、イナビル、ラピアクタ等のインフルエンザ薬
  5. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
  6. 本当に危険なの?タミフルの副作用と処方
  7. インフルエンザで会社や学校を休む時の注意
  8. インフルエンザと市販の風邪薬や解熱剤
  9. インフルエンザの流行時期、春にも?
  10. インフルエンザ脳症とは?どんな症状?
閉じる

インフルエンザと市販の風邪薬や解熱剤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザは誰もが感染するリスクを抱えている感染症のひとつです。
世の中には様々な市販の風邪薬や解熱剤がありますが、インフルエンザに感染している場合は服用を避けたほうがよい医薬品も存在します。

インフルエンザ感染時に服用すると危険な医薬品のうちのひとつとして、「バファリン」が挙げられます。
バファリンは主成分としてアスピリン、別名アセチルサリチル酸を含んでいます。
アスピリンはサリチル酸と無水酢酸を反応させてできる化学薬品で、解熱作用、鎮痛作用を示します。

アスピリン服用が危険な理由としては、刺激が強いため胃が荒れてしまう、また長期にわたって服用した場合解熱によってかえって体調を悪くしてしまう等が挙げられます。
人間は細菌やウイルスに感染した時発熱しますが、このとき体に蓄えられた熱は病原菌の増殖の抑制や白血球の活動の活発化などに役立ち、ウイルス撃退における重要な役割を担っています。
解熱剤で発熱を抑制してしまうとこの免疫システムも抑制してしまい、長期の服用は重症化、あるいは完治が遅くなるなど治療しづらくなってしまうことがあります。
また、小児がアスピリンを感染中に服用するとライ症候群という重篤な肝障害、脳障害をもたらす病気を発症させるリスクを高めてしまいます。

また、ボルタレンという医薬品もインフルエンザ発症時の服用は危険とされています。
ボルタレンはジクロフェナクと呼ばれており、日本ではそのナトリウム塩であるジクロフェナクナトリウムが、海外の一部ではカリウム塩であるジクロフェナクカリウムが一般的に流通しています。
この薬品も解熱、鎮痛目的で使用されます。

ボルタレンを服用した場合、長期服用ではバファリンのような解熱作用によって免疫を弱めてしまう可能性があるほか、近年は免疫機能との相互作用によって意識障害や神経障害を引き起こすインフルエンザ脳症を発生する可能性があることが解明されています。
インフルエンザ脳症は子供へ感染しやすく、感染中の服用は危険です。

インフルエンザに罹った時に飲んでも大丈夫な薬と成分

では、インフルエンザに感染しているときはどのような風邪薬を服用すればよいのでしょうか?一般的な市販の風邪薬に配合されている成分のうち、インフルエンザ発症時に服用しても問題ないものはいくつか挙げられます。

アセトアミノフェン、別名パラセタモールはアスピリンなどと同様、解熱、鎮痛作用を示します。
しかし、前述の二つより体への負担が少なく、小児が服用しても問題ない薬品とされています。
ただし、長期服用は前述の理由により悪化させる可能性があるため自身の体の状況を見極めて服用するとより効果を発揮します。

また、麻黄湯と呼ばれる漢方薬は感染時に服用するとよい効果を発揮し、発症初期段階に鎮痛作用を示し、更に発汗を促進させる成分を配合していることから、安全に解熱を行うことができるのも特徴です。
また自然由来の薬品であり、化学薬品などを気にして避けている患者さんであっても気軽に服用することができます。

イブプロフェンは非ステロイド系消炎鎮痛剤のひとつで、医療用だけでなく一般的にも広く流通しており日本ではブルフェンとも呼ばれています。
これも末梢神経に対して作用して、他と同様、解熱鎮痛効果を示します。
こちらは胃腸が荒れてしまうような刺激が少なく、既定の容量を守っていれば安全に使用することができます。

インフルエンザの薬品にふくまれる成分は一見どれも同じように見えますが、その薬品の特徴は大きく違っています。
服用するにあたっては自身の状態をよく見極めるほか、診療機関などでどのような薬を服用したらよいかなどを診療してもらうのも一つの手です。
また、自身で購入する際は成分をしっかりと確認することによって、避けるべき成分を正確に回避することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 子供

    リレンザの効果と子供への投与について

  2. リレンザの副作用と異常行動の可能性

  3. インフルエンザで会社や学校を休む時の注意

  4. インフルエンザの流行時期、春にも?

  5. 説明する女医

    リレンザの使い方・吸入方法

  6. 本当に危険なの?タミフルの副作用と処方

おすすめ記事

  1. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
  2. リレンザの効果と子供への投与について
  3. リレンザの使い方・吸入方法

ピックアップ記事

  1. クラリスはクラリスロマイシンというマクロライド系の抗生物質で、本来、細菌による感染症に対して用いられ…
  2. インフルエンザは、咳やくしゃみなどによって感染を広げる病気です。かかってしまうと、ウイルスが爆発…
  3. インフルエンザは誰もが感染するリスクを抱えている感染症のひとつです。世の中には様々な市販の風邪薬…
ページ上部へ戻る