1. リレンザの効果と子供への投与について
  2. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
  3. リレンザの使い方・吸入方法
閉じる
  1. リレンザ、イナビル、ラピアクタ等のインフルエンザ薬
  2. インフルエンザと市販の風邪薬や解熱剤
  3. インフルエンザで会社や学校を休む時の注意
  4. 本当に危険なの?タミフルの副作用と処方
  5. リレンザの効果と子供への投与について
  6. リレンザの使い方・吸入方法
  7. インフルエンザ脳症とは?どんな症状?
  8. インフルエンザの流行時期、春にも?
  9. クラリスをインフルエンザの時に処方される
  10. リレンザの副作用と異常行動の可能性
閉じる

インフルエンザで会社や学校を休む時の注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザは、咳やくしゃみなどによって感染を広げる病気です。
かかってしまうと、ウイルスが爆発的な勢いで増殖していきます。
風邪よりも高熱がでるのがインフルエンザの特徴ですが、学校や会社に行っていると、いつから通学や出勤ができるのか分からなくなってしまいます。

まず、インフルエンザは学校保健安全法で定められている病気で、決められた期間は休まなくてはいけません。
その間は出席停止扱いになるので、欠席には該当しません。
インフルエンザになった場合、発症後5日たっていることに加えて、熱が下がってから2日経過していなければ通学できません。
これは、熱が下がってもウイルスが体内に残っているため、周りに感染させてしまう恐れがあるからです。

また、会社の場合は、インフルエンザになったからといって出勤を止める法律はありません。
しかし、感染を広げないためにも、学校と同様に発症した後5日間、解熱後2日間経過していることを出勤の条件にしている会社は多いです。
中には、熱が下がったらすぐに出勤してもいいという場合もあるので、確認しましょう。

いつから出勤、通学していいかという点で、いくつかの注意点があります。
まず、インフルエンザの症状が出た日は0日目として数えます。
例えば日曜日に高熱などの症状が出た場合、5日経過すると金曜になります。
最近の薬は比較的早く熱が下がりますが、金曜になっても熱が38度あれば、土曜に行くことはできません。
何日間休むというのは、個人の状態によって変わってきます。

また、休む際の給料の問題があります。
休むのには、有給休暇や欠勤という扱いになります。
有給休暇を使えば給料はいつも通りもらうことができますが、欠勤扱いになるともらう額が減ってしまいます。
会社によっては出勤停止扱いになり、給料の額は変わらないというところもあるので、確認してみましょう。
何日間か休むことになるので、あらかじめ確認しておくと安心です。

家族が発症した場合は学校や会社にそれぞれ相談

自分はインフルエンザにかかっていないけれども、家族が発症してしまったという場合もあるでしょう。
そのような場合の対応は、学校や会社によって異なります。
インフルエンザはとても感染力が強い病気なので、一緒に暮らしている家族がかかってしまうと、自分も感染する確率がとても高くなります。
ですから、会社によっては家族がインフルエンザになった場合は出勤停止扱いになることがあります。

インフルエンザには潜伏期間があります。
一般的にインフルエンザの潜伏期間は1~4日程度と言われており、個人差にもよりますが1週間の場合もあります。
その間の自覚症状はほとんどなく、中には咳が少し出るけれども、熱はないから大丈夫だと思っている人も多いです。
しかし、潜伏期間中であっても感染させる力はあるので、気付かないうちに感染を広げてしまうことは少なくありません。

そのため、自分には症状がないけれども、家族が発症した場合は学校や会社にそれぞれ相談するようにしましょう。
大事な会議があるので休めないというような事情もあるでしょうが、出勤することで社内で感染が広がってしまいます。

また、家族がインフルエンザになった場合は、家族間でうつさないような環境にすることが大切です。
できれば部屋は分けて、マスクを着用するようにしましょう。
インフルエンザのウイルスは、低温で乾燥した環境を好みます。
ですから、感染を防ぐためには、気温を上げて、加湿器などで湿度を上げることが大切です。

インフルエンザという病気は、とても強い感染力を持ちます。
子供が小さくて看病が必要な場合などは、自分も休んだ方がいいかもしれません。
薬を飲むことで、発熱などの症状は治まりますが、ウイルスは体内に残っている状態なので、熱が下がったとしても2日間は自宅にいるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 子供

    リレンザの効果と子供への投与について

  2. クラリスをインフルエンザの時に処方される

  3. インフルエンザウイルス

    治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量

  4. リレンザ、イナビル、ラピアクタ等のインフルエンザ薬

  5. 本当に危険なの?タミフルの副作用と処方

  6. インフルエンザ脳症とは?どんな症状?

おすすめ記事

  1. 治療目的の場合と予防目的の場合の用法用量
  2. リレンザの効果と子供への投与について
  3. リレンザの使い方・吸入方法

ピックアップ記事

  1. クラリスはクラリスロマイシンというマクロライド系の抗生物質で、本来、細菌による感染症に対して用いられ…
  2. インフルエンザは、咳やくしゃみなどによって感染を広げる病気です。かかってしまうと、ウイルスが爆発…
  3. インフルエンザは誰もが感染するリスクを抱えている感染症のひとつです。世の中には様々な市販の風邪薬…
ページ上部へ戻る